エーザイ

認知症の当事者とともに
“まちの拠点”をつくる(東京都八王子市)​

東京都八王子市では、認知症の本人たちを中心に、行政や地域包括支援センター、認知症家族サロンなどが連携し、誰にとっても暮らしやすいまちづくりを進めています。図書館、スーパー、学校など、まちづくりの核となる拠点が次々に生まれています。

図書館

図書館で変わる​

地域に開かれた図書館という場と情報を活用することで、市民の認知症に対する認識が変わります。

図書館が変わる

認知症の当事者の視点を学び、生かすことで、誰もが、いつまでも使いやすい図書館に変わります。

ページトップに戻る